ボウズの多い男の釣り日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 気温差

<<   作成日時 : 2013/10/20 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週も、まるで仕事のようにFishingに行く!

本来なら、土曜日に朝早く川に着き、午前中一杯流して午後から
BF松本、そして日曜日はonly支笏湖の予定であった

が、どうも体力のない、そしていまだ痰が絡んだ咳をしており
起きたのは9時過ぎであった。

若干疲れが残っており、体調万全ではないが、重たいからだにムチ打ち
準備となる

尻別川水系に到着したのは、13時ぐらいだが、その間、紅葉見たさに若干の渋滞

中山の路肩では、先日の雪の残骸がいまだにあったのだ

それにしても、15℃以上で太陽が照らしてくれるだけでこんなに暖かいとは

まるで小春日和!
何処へいくか悩んだが、どうしても今年通った支流を見てみたかった




秋燃ゆる山肌は、既に紅葉まっさかり!全てが気持ちよかった。
むしろ、ユニクロのフリースではすでに汗ばんでおり本当は脱ぎたかったんだ・・・
画像


この時期の川の経験値はあまりなく数えるほど、気温も良いしDryで釣り上がる・・・



この時期出るとしたら虹鱒であろう・・・

と、確信のない事に何故かしら自身があり上がるのだが一向に反応は得られなかった


自分の中での分岐点に着いた時に、あまり好きでないがルースニングを始めた


すぐに反応ありで、おチビ達が適度に遊んでくれた
画像
画像
画像
画像



が、しかし目的の魚は一向に反応なし

この時点で16時過ぎ、ギリギリやっても1時間あるかないかぐらい

既に、失われた体力は限界にきており足が震えていた・・・・

(結構水量あり、夏場ならなんのその、たった2か月ぐらいこないぐらいで既にこの哀れさ


で、一旦土手にあがり、最も通った場所に到着

で、夏場の最後にシャーが出てきた場所・・・・



で、上がる

この近辺で駄目なら今日は帰ろう・・・


日がかなり傾いており、先ほどの暖かさはなくなり既に引いた汗のせいで
寒さを覚えた


まずは、16番のカディスで


川辺では、小カゲロウの狂喜乱舞なハッチでいつでてもおかしくない状態

小さな波紋がないか、慎重に水面を見るも何もなし


適度にあがり、シャーポイントもしつこく流すも何もなし・・・・


で、その上流はいるならここでしょう!の深みのポイント




何もなし・・・・



そろそろ終了かな〜〜〜


ただですね?何かしら予感というか
やっていないことをやらないで終わるのは嫌なわけで

この時期、これはないでしょう!のイワイシケーダもどきを既に結んでいた

来た道を少し戻り、シャーポイント。前回はあの岩から「ヌッ」と出てくれたのだが・・・・



ちょうど真横にキャストして、若干ダウンクロス気味に投げる


3投目で流して、ピックアップ寸前に、
ついばむような波紋が見えて、これは!!!!



イチ、ニ


フン!



OHっ!!!!!




「デカッ!!!!」


水面でバチャバチャと暴れまくり、そして走る


右と思いきや左へそして右と



だけども俺は冷静さ!おまんについていく余裕はあるさ!!!


ジャンプしそうな予感あり、竿をねかせ耐えしのぐ


この攻防を3回ぐらい繰り替えす


走りは若干弱まった


時折見せる魚体は50以上確定!!!


5Xやばし、


そして、ランディングネットを背中から外す


その途端、下流へ走る




俺も続く、



これ以上したへ行くと巻かれてしまう(汗)



奴を上流に何とか行かせなければ!



3番ロッドだが、バットには力あるからさ!
多少強引に寄せた


固めのロッドがグンにゃり





よし、奴との距離5m弱・・・


そろそろランディングへ





左手でおもむろに背中をさするもどこにもいない


「うん?」





「あっ!ランディーがいない????」


奴はまだつながっている





後ろ振り向くと、




「Oh〜〜〜〜My!!ランディ〜〜〜〜〜」








ちょうど10m後ろぐらいに置き去りにされていた


ちっ!



どうしよう・・・・



仕方ない、岸に上げるか・・・・



その思いが伝わったのか、最後3mぐらいのところで奴が思いっきり走りやがった。

で、



「プツン・・・・・・・・・・・・・・・・・」







・・・・・・・・・・・・・・・









ランディを拾うと、ちょうど金属の部分が割れており、ひっかけが折れていた

確かに何年も使用していたのでさびていたのでしょう・・・




「だからって今日何も折れることはないと思うのだが・・・・・・・」



ただ、正直悔しさもあったのだが、何かスッキリしたような感じがありました。

ある意味、自分が狙ったポイントが間違いでなかったし、シャーはいましたし、
しかも、前回のよりデカい奴が



これで今日は潔くやまれました

画像


何の変哲もないポイントですが、この時期のシャーが休む場所としては最適だったのでしょう


帰りの夕日が綺麗でした

羊蹄山と尻別岳


尻別岳は山肌が出て、木々がくっきり見えて


なんともいえない綺麗さでした
画像
画像


その後は、京極温泉につかり適当にコンビニでご飯とビールで就寝についた






翌朝、寒さで目覚めるとエンジンつけたまま寝袋を上にして寝ておりました

で、二度寝(笑)

で、9時ぐらいにBF松本へ



昨日とうってかわりくもり空

肌寒いです
画像




で、時折弱い雨から激しい雨!


でも、フリース2段重ねだから大丈夫!







数本とれたが、とにかくDryでは厳しかった

ブラックのフォームビートルが一番反応したのだが、
やはり、手前まで見に来て引き返すの連続


まぁ、硬いロッドでもちゃんとcatch出来ることが判明したので目的は達成です
画像



サイトフィッシング!見える鱒は釣れません(笑)
画像


15時ぐらいに終了し、
川かな?とも思ったのだが、今日は寒いし帰りましょう


帰りは美笛峠経由で帰宅


以外に16時前に支笏湖近辺へ






「うん?」

ネオプレーンに着替えてました。


実質1時間、釣れないのは当たり前、ダブルハンドの練習!
と決め込みいざ!


画像



妖艶というか、トロ〜〜ッと好きなロケーション

いつ来てもおかしくない


ただ、水が軽いだけ



そろそろ限界にきて17時過ぎに終了しました





色んな意味で勉強になった。

で、足りないものも見えてきました


それでも正解はないのでしょうが、


そろそろ、雪も本格シーズンです


あと何回行けるやら


出来れば今年は大きいの一本上げたいです




前向きに考えましょう!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気温差 ボウズの多い男の釣り日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる